簡単Arusu式上達術

簡単Arusu式上達術④ 相手が嫌がるプレイをしよう!

2016/07/15

相手が嫌がるプレイをするほど良い?

普段、学校や会社などでは「相手が嫌がることをしてよかった。」ということはそうそうないと思います。

嫌われるのがオチでしょう。苦笑

ただし、ゲームにおいては違います。

相手が嫌がることをすることで、ゲームの目的である「勝利」へと導くことができるのです。

そして勝つことでチヤホヤされると。(*'ω'*)

今回はこのことを記事として書き上げるのですが、1点、

決して間違えていただきたくないことがあるので、先に申し上げておきます。

相手の嫌がることと言いましたが、これはプレイ中に

「このプレイをされたらきつくなるので嫌だ。」

といった意味で「エモートや遅延」に関して推奨しているわけではないということを肝に銘じて、読み進めていただけると幸いです。

 

相手が嫌がるプレイをしよう!

一旦話は逸れますが、普段、

自身のハンドだけを見て最高のプレイを行おうとしていませんか?

本当にそれが一番効率の良い考え方だと思いますか?

簡単Arusu式上達術①でも物事はシンプルにと話しましたが、

可能な限り、考える際の手順を省略化したほうが良いです。

加えて前回の記事でも「毎ターン制限時間が決められている。」と言った通り、

考える時間が定められている以上、効率よく考えていかなくてはなりません。

 

そして話を戻します。

相手が嫌がるプレイをすると良いとは言いましたが、具体的にはどうしてなのか?

ここを知るためには相手の立場になって考えていかなければなりません。

では読み進めてみてください。

 

相手が嫌がるプレイを行うと、相手が嫌がっただけ自分にプラス(有利)として返ってきます。

それはそのはずです。

相手がして欲しくないプレイなわけですから、

相手からすると、どんどん厳しい状態に追い込まれるわけです。

 

 

それでは、ここで皆様に問います。

Q、一体何を考えてプレイをするのが一番の近道といえるのか?

自身の最強コンボを考えるべきなのか。

相手の嫌がることを考えるべきなのか。

それともまた別な何かなのか・・・

A、相手の嫌がるプレイを考えて、実行することが一番の近道

です。

 

相手の嫌がるプレイを行うことで、おのずとアドバンテージが増えていき、

そのまま有利に試合を進めることができるのです。

 

普段、自身の手札のみで考え、プレイをしていた方は、

是非いまから言う1工程を加えていただきたいです!

自身の持つ知識の範囲内で構いません。

「相手は何をされたら嫌なのだろう?」

この1つの問いを自分に投げかけてみてください。

何でもいいです。最低1つは例をあげましょう。

「相手が全体除去を持っているからHP○以上のカードを出そう。」

「相手の次ターンは、最強カード○○を持っているとしたら出してくるはずだ。だからこそ、ここは除去を押し付けてそのカードを出させないようにするぞ!」

「~だからこうするぞ!」こういったもので構いません。

これを考えてあげるだけで格段に成長し、勝率も伸びることでしょう。

 

まとめ

ちょっとした「ひと手間、工夫」を加えることで伸びる勝率は沢山あります!

今回はその1つというわけです。

みんながゲームをするとき、それは限られた時間の中でのプレイ(勉強時間)だと私は思います。

勝つための根本的な部分は、自身に委ねられているのか?

それとも、相手に委ねられているのか?

もちろんどちらとも言えます。

しかし!効率よく勝とうと思ったときは、

相手の嫌がるプレイを考え、実行することで勝利へと導くことができるわけですので、

自身のプレイから考えるのではなく、相手の嫌がるプレイから考えてみるとよいでしょう。

 

うみゃ、GLですよ!(。・∀・。)-3

-簡単Arusu式上達術