【凍てつく王座の騎士団】カード評価 ハースストーン

【凍てつく王座の騎士団】カード評価 ドルイド編

2017/08/11

新拡張【凍てつく王座の騎士団】カード評価 ドルイド編

カードは5段階評価

1:デッキに使用されない。

2:使用を検討してみるものの常時使用することはない。

3:デッキには使用されるがぶっ壊れ性能ではない。

4:ぶっ壊れ性能。

5:GG

 


評価:4

コントロール系のドルイドに採用したい1枚!

使い方としては【炎の大地のポータル】と同じ要領。

盤面を取れきれないまでもイーブンに近い状態まで持っていくことができれば、次ターン以降の札束(万札)攻撃で試合を有利に進めることができるだろう。

 


 

評価:2

基本ステータスが低く、挑発ミニオンということでコントロール系のデッキに採用するかどうか・・・

2ターン目【野生の繁茂】の動きを考えると後半以降に扱うカードになる。

であればバフをかける対象は確かに少なくとも1体はいるだろうが、純粋に別の挑発カードをぶち込んだ方が得策だろう。

野生の繁茂を採用しない「アグロに強いミッドレンジ型のデッキ」であればワンチャンか・・・?

 


 

評価:2.5

幼獣の激昂とどちらが優秀なのか。

アグロ相手に3ターン目除去を強いられるのであれば間違いなくこのギギギだろう。

序盤であれば攻撃力3で十分な上に装甲3を得ることができるので大変強いカードだ。

やはり【ファンドラル・スタッグヘルム】の有無でどちらを採用するのかが決まることだろう。

 


 

評価:2

【タール・クリーパー】でok

 


 

評価:2

【ファンドラル・スタッグヘルム】と一緒に使用すれば確かに強いが、それ以外のケースを考えるとあまりにも弱い。

少なくとも2ターン目に出すカードでは到底ない。

いないとは思うが 2コス1/2 猛毒&挑発【カタツムリ君】を採用していた人がもし仮にいるのであれば、その人の評価が5だということだけは間違いない。

 


 

評価:1

どした?

 


 

評価:2

場を制圧しているときの効果が無に等しく、アグロにしか基本意味をなさない。

その上コストが5ということもあり使い勝手の悪さが目立つ。

 


 

評価:2

秘策と同じで相手にはどちらを選んだかわからないはプラスポイント。

だがしかし、なぜ、なぜ「全てのミニオン」なのだ。Why.

 


 

評価:4

選択ということで【ファンドラル・スタッグヘルム】が場に出ていれば大変強い能力だ。

しかし、基本はどちらか片方のみを選択(ほとんどが猛毒を持つクモx2を選択することだろう)することになる。

どちらもそのターン中に盤面へ影響を及ぼすことができないため、有利な状況であれば問題はないがお互いそこそこの盤面であれば、相手の除去方法次第で弱くもなり強くもなるだろう。

ヒーローパワーは「攻撃力+3 or 装甲+3」となかなかの能力。

10マナ以降であれば同時にヒーローパワーを扱える点はGood!

 


 

評価:4

コントロール系、高スタッツの挑発ミニオンを多く採用するランプ型ドルイドであれば最高の1枚と言えるだろう。

ただし!効果が優秀なだけに発動条件は若干遅めと言える。

*ン=ゾスとは違い断末魔のため、発動タイミングとしては早くて次ターン、遅ければ2~3ターンはかかるだろう。

だが、相手はこのミニオンを基本的には攻撃できないため、有利な除去をこちらから臨めるのはGood!

 


 

-【凍てつく王座の騎士団】カード評価, ハースストーン