【凍てつく王座の騎士団】カード評価 ハースストーン

【凍てつく王座の騎士団】カード評価 中立編

新拡張【凍てつく王座の騎士団】カード評価 中立編

カードは5段階評価

1:デッキに使用されない。

2:使用を検討してみるものの常時使用することはない。

3:デッキには使用されるがぶっ壊れ性能ではない。

4:ぶっ壊れ性能。

5:GG

 


 

評価:1

 

構築では特に使われる要素なし。

評価:2

 

どれもユニークな能力があり、状況を限定すればとても強いのだがその状況を作るのがまず難しいだろう。

【待ち伏せのガイスト】に関しては【翡翠の偶像】を完全にカウンターするわけだが、それ以外のマッチアップでは6マナという重さ叱り、スタッツもそれほど良くないため実際採用する人はいないだろう。

もう少し軽いコストであればこのカードを入れる人が出てきて翡翠ドルイドを牽制するといった形が出来ただけに非常に残念だ。

【サンボーン・ヴァルキル】に関してはアグロ系のデッキで可能性を見出すことが出来そうだ。

また、【骸骨術師】は【終末預言者】と全体除去に対して大変強いため盤面を取っている状況で出すことが出来ればワンチャンか。

 

評価:3

 

基本スタッツはどれも高く、それでいて優秀な効果を持つカード達。

ドラゴンシナジーのデッキを組む上で【コバルト・スケイルベイン】と【ボーン・ドレイク】ははずせない1枚となるだろう。

【ネルビアンの解絡師】はロウゼブを彷彿とさせる効果だ。

コンボ系のデッキに対して大変有効で環境によっては必須カードにもなりえそうだ。

【躯の駆り手】はパラディンのデッキに入り、猛威を振るうことになるだろう。

【ネルビアンの説凶師】に関しては特にアグロに欲しい1枚といえるだろう。基本スタッツもそこそこで盤面を有利に作ることができるのはGood!

【アーファス】、評価2と3で迷ったのだが期待を込めての評価3。

断末魔から得られるデスナイトカードは基本どれも強く、【ン=ゾス】デッキなどでこのカードを出す余裕さえ作れれば非常に強力といえるだろう。

【ぶんどり幽霊船長】は特に海賊ウォリアーを後押しするような1枚だ。活躍に期待!

 

評価:4

 

これを見て思ったのが「なぜレジェンドじゃないの?」です。

雄叫びでの効果ということでこのカード自体のスタッツは全く問題にならない。

さらに挑発を付与するため相手の行動まで制限することができる。

アグロからコントロールにかけてこのカードを使わないといったことはないだろう。

【サバンナ・ハイメイン】もレアリティから考えて十分壊れている性能だがそれをはるかに上回るカードと言えるだろう。OP!

 

評価:5

 

デスナイトカードが基本どれもopのため、コントロールデッキであれば間違いなく採用されるカードであろう。

リッチキング・・・とても恐ろしい能力だ!

 


 

-【凍てつく王座の騎士団】カード評価, ハースストーン