プロゲーマー

プロゲーマーを目指したキッカケ。そして今に至るまで。

2016/07/11

 

高校卒業後、色々あって大学へは行かず(割愛)、高校を卒業してからはフリーターとして働き、帰宅してはゲーム(当時はLOL)をしていました。

幼い頃からゲームが大好きで特にPCゲームに関しては中学生時代からのめり込んでいたほどです!(*´ω`*)

*高校時代に部活(部長!)をやりながら、2ヶ月のバイトで12万ほど稼ぎPCを買うほどには大好きでした。笑

初めのうちは趣味でゲームをやっていました。趣味にしてはプレイ時間が1日6~8時間は当たり前・・・とかでしたがw

そして一年ほど経ったとき【LOLのプロゲーマー(ゲームをしてお金を稼ぐ職業)という存在を知り、自分も目指してみようと本格的に取り組んだのがキッカケ】ですね。

 

『じゃあなんでLOLではなくハースストーンのプロゲーマーになったか』って?

 

それは「LOLでは実力が足りなかった。」というのが正直なところですね。

センス(プレイヤースキル)は平凡、優れているところといえば知識の量でした。

様々な情報をWikiなどで学び、事前に頭の中に叩き込み、それを実践で照らし合わせながらプレーをするといった感じでした。

もちろんリアルタイムのゲームですので結局のところケースバイケースだったりしたんですけどねw

*ちなみに、状況判断が上手い人が務めるジャングラーというポジションがメインロールでした!

で、そんなある日のこと。

とあるニコ生のLOL配信を見ていたときに映ったのがハースストーンなんです。

カードゲームをほとんど触ったことがない自分は「ん?なんだこれ!?面白そう!」となったわけです。

そこからはあっという間でした。

ハースストーンに一気にのめり込み「このハースストーンでプロを目指そう!」となりました。

勝つ=楽しい だけでは決してないのですがその感情が強かったのもあり、ここまでやり込めて更にはプロゲーマーになった大きな要因の一つだと感じています。

「自分の思考が強く反映されるゲームだな。」とも強く感じました。

 

皆様にも何かしらのキッカケがあったかと思います。

そのキッカケがなんだったかを良く理解しておき飽きず、このハースストーンにのめり込んでくださることを、1ハースストーンファン、プレイヤーとして心より願っております◎

 

また次回のプロゲーマー記事では「実際(ハースストーンの)プロゲーマーってどうなの?」とかを自分なりに書こうかと考えています。

最後まで読んでくださりありがとうございました。(*・ω・*)ノ))

 

-プロゲーマー