ズー ハースストーン

【ズー】ミニオンの置き方

ズーリスト

 

抑えておきたい3種類のカード。

1、「ダイアウルフリーダー」バフ効果は両隣。

「ダイアウルフリーダー」

隣接するミニオンに攻撃力+1を付与します。

 

このことからも「両隣にミニオンがあったほうが効果を余すことなく使える」ということだ。

置く場所は真ん中で、常にその両隣にはミニオンがいるよう心がけよう。

 

2、「禁じられし儀式」トークン(触手)カードは右端から出る。

「禁じられし儀式」

消費したマナに等しい数の1/1の触手を召喚します。

 

手札から唯一任意の場所に展開ができず、必ず右端から出るカードが「スペルカードから出るトークンミニオン」です。

そのため、手札のミニオンがいつでも左に展開できる分、右側を薄くしておくと良いです。

これは「禁じられし儀式」を引いた際、また使用する際に右側からしか、そのトークンが展開されないためです。

 

3、「アージェントの従騎士」、「取り憑かれた村人」、「インプギャングのボス」バフの効果をそこで止めるな。

・「アージェントの従騎士」

聖なる盾の効果で相手の攻撃を1度無効にします。

・「取り憑かれた村人」

断末魔の効果で1-1のトークン「シャドービースト」を召喚します。

・「インプギャングのボス」

ダメージを受けるたびに1-1のトークンを召還します。

 

この3枚のカードに共通して言えることは

どんなに大きなダメージを受けてもその場にミニオンが残る」

といったことです。

 

またそのミニオンはそのターンに攻撃できないのです。

「ダイアウルフリーダー」の効果を妨げないためにも端に展開することを心がけましょう。

 

カードの強さでは

「インプギャングのボス」>「アージェントの従騎士」=「取り憑かれた村人」のため、

この中だと「インプギャングのボス」が1番端になります。

 

「ダイアウルフリーダー」が考えの基点

【ズー】では、そもそも何でミニオンの置き方が注意されているのか?

それは「ダイアウルフリーダー」という、場に半永続的バフをもたらすミニオンが採用されているからです。

 

*「アルガスの守護者」に関しては、基本的には「ダイアウルフリーダー」を意識してミニオンを置くだけで効果的に使用することができますので省略します。

といいたいところですが、なんで効果的に使用できる?!と絶対に思うことかと思いますので今回は特別にここでお話します。

 

 

アルガスの守護者の使い方は以下の3つです。

1、ヘルスやアタック値をアップしてトレードや全体除去のダメージに備える。

2、相手が確定除去がないときに大型ミニオンに挑発をかけたい。

3、相手が確定除去がある際に小さいミニオンに挑発をかけて、除去の対象を増やす、また効果的に除去カードを打たせない。

 

というわけで、最後にミニオンの置き方についの説明が再度あるかと思いますが、「ダイアウルフリーダー」を基点にミニオンの置き方を考えた際、強いミニオン同士、弱いミニオン同士が隣接することが多く、それに従うことで上記の内容を勝手にケアできるからです。

 

 

話を戻しましょう。

「ダイアウルフリーダー」をフルに活用しようと思った際に気をつけなくてはいけないことは、「バフをかけたいミニオンが何なのか?」です。

「ダイアウルフリーダー」の1番の目的は、弱い(弱った)カードにバフをして、相手の強いカードとトレードさせるといったものです。

 

ですが、まず外せないのが挑発ミニオンです。

基本的に相手は挑発ミニオンを倒してからではないと他のミニオンを倒せないため、挑発ミニオンは「とても倒されやすいミニオン」だということをしっかり把握しておきましょう。

 

次に、体力が少ないミニオン>攻撃力が低いミニオンがその対象となります。

基本的には「体力が低いミニオン=除去されやすいミニオン」です。

そのため、こちらから有効にそのミニオンを活用し、相手のミニオンを倒すといったことですね。

 

次に「攻撃力が低いミニオン=プレッシャーにならないミニオン」ですので、こういったミニオンにバフを与えて、相手のミニオンと有利にトレードしていくというわけです。

 

 

逆に「バフをかけない対象は何か?」というと強いカードです。

「ダイアウルフリーダー」の効果をかけたいミニオンと逆の性質のカードがそのまま答えというわけです。

 

具体的には「海の巨人」、「ダークシャイアの議員」、「串刺しゴーモック」といったカードたちです。

体力も高く、また攻撃力も申し分ないです。

 

ただし、ここで注意しなくてはいけないのが「攻撃力や体力が減ったとき」です。

そのときは説明にある通り、ミニオンとしての価値が下がるわけですので、弱いカードとなりトレード(ダイアウルフの隣)に回すことになるでしょう。

 

 

さて、そうなると以下のことが分かるかと思います。

①「ダイアウルフリーダー」の両隣は体力が低くて攻撃力が低いカード。

②場の両端は強いカード。

 

また、それだけではなく、意識しないといけない特異カードも存在します。

冒頭であった「抑えておきたい3種類のカード3」で説明した「アージェントの従騎士」、「取り憑かれた村人」、「インプギャングのボス」この3枚です。

これはバフを止めるため、体力や攻撃力が低くても「ダイアウルフリーダー」の隣には出しません。

とはいってもステータス自体は低く、強いカードの仲間入りともなりません。

どっちつかずのミニオン達といったところでしょう。

 

そのため置く場所はその中間、強いカードより内側に位置したポジションです。

*「インプギャングのボス」だけはダメージを受けるたびにトークンを自身の右側に召喚します。だからこそ、ダイアウルフの左側に置くと良いです!

こうすることで、弱いミニオン達のバフの邪魔にはならず、また、強いミニオンにはバフがいらないのでそこでバフを受けるといった綺麗な形になります。

 

また、「ダイアウルフリーダー」の左側と右側とで、バランスよくミニオンを振り分けることも必要です。

例えば場に出ているカードが「トークン」x2、「取り憑かれた村人」、「ダイアウルフリーダー」の場合は、1番左に「取り憑かれた村人」、その横に「ダイアウルフリーダー」、「トークン」x2の順番で出しましょう。

これは「取り憑かれた村人」1枚で(弱い)ミニオン2枚分の効果が望めるためです。

 

そして最後です。

左端にバフのストッパーとなる「壁」を置きましょう。壁が務まるのは強いミニオン達です。

 

なぜ左端に壁を置くかというと、唯一召喚場所を指定できない「禁じられし儀式」のトークンが右から召喚されるためです。

もし右端に壁を置いてしまうと、そのトークン達にバフをかけられなくなってしまいます。

*最終的に7体のミニオンが並ぶ際は右端にも壁をおきましょう。

 

 

これらを全て掛け合わせると7体のミニオンが並ぶ際は以下のような「ミニオンの置き方」になります。

*いくつか例を挙げます。

 

盤面 左端←←真ん中→→右端 (カード名は省略しています。)

①「海の巨人」-「インプギャング」-「アージェント」-「ウルフ」-「炎のインプ」-「村人」-「議員」

②「インプギャング」-「議員」-「村人」-「ウルフ」-「トークン」-「トークン」-「ゴーモック」

③「議員」-「ジャグラー」-「炎のインプ」-「ウルフ」-「ウォーカー」-「売人」-「ゴーモック」

etc.

 

まとめ

ポイントさえ抑えれば、あとは簡単♪

今回は誰もが知りたい『【ズー】ミニオンの置き方』を説明させていただきました。

最後まで読みきったのであれば、確実にあなたの力となることでしょう。

ご愛読ありがとうございました。

 

 

もし差し支えなければ、皆様のご感想をお聞かせください!

ご感想お待ちしております!

*下記よりメッセージを残せますのでご活用くださいませヽ(o゚ω゚o)ノ

-ズー, ハースストーン